健康・病気

麻疹(はしか)と風疹の予防接種は妊娠前に!男性も必要!

2016年は麻疹(はしか)の国内患者が急増しており、何やら流行の兆しを見せています。
2015年には麻疹(はしか)の排除国として日本が認定されたというニュースもありましたが、空港職員が感染していることなどから、海外から輸入された可能性が考えられます。
ちょっと前に風疹の大流行もあったのは記憶に新しいですが、皆さん予防接種していますか?
妊婦がかかると胎児に悪影響を与える可能性が高いため、妊娠を希望している女性だけでなく、実はその配偶者である男性も必要だと言われているのです。

 

【スポンサーリンク】

 

麻疹(はしか)と風疹

麻疹と風疹は、それぞれ同じように注意を促され、予防接種をすすめられる病気です。
一般的には「子供がかかる病気」と認識されていますし、事実として子供の患者が多いのですが、それだけに大人で感染する人が注意を払っていない分危険性があります。
また、大人が感染すると、小児よりも重篤化する傾向にあると言われています。

麻疹(はしか)と風疹の違い

麻疹(はしか)は初春から初夏頃に、2歳以下の小児に流行する病気です。
空気感染もするので、感染症としては警戒が必要です。
38℃程度の高熱が3〜4日程度続いた後、39℃を超える高熱と発疹が出ます。

一方の風疹は、「3日はしか」などとも言われ、感染力や症状は麻疹(はしか)よりも弱いとされており、患者としては小学生に多いです。
しかし、妊娠初期の女性が感染すると、出産した子供が「先天性風疹症候群」となる可能性があります。
可能性がある、というより、90%以上の確率で胎児に何らかの影響があるとまで言われていますので、妊婦の人にとっては風疹のほうが警戒すべき病気です。
先天性風しん症候群にかかった場合、難聴や白内障など、重大な問題になります。

麻疹(はしか)と風疹のワクチン予防接種

麻疹(はしか)と風疹の唯一の対抗策とされているのがワクチン予防接種です。

麻疹(はしか)については、徹底することでほぼ排除することができた時期もあります。
残念ながら、近年では再び流行し始めているようですけれど。

風疹は、日本においては予防接種率が低迷した時期もあって、たびたび大流行してきた経緯があります。
風疹の予防接種が徹底されてきたアメリカからは、「日本は風疹の感染源」とまで言われるほど、世界的には日本は風疹大国といえるのでしょう。
大変不名誉なことですね。。

 

【スポンサーリンク】

 

妊娠を希望する女性は妊娠前に予防接種を

昔に麻疹(はしか)や風疹のワクチン予防接種を受けたと言っても、妊娠を希望する女性は妊娠前に必ず再度予防接種を受けたほうがいいです。
一般的には、ワクチン予防接種の効果はいつまでも続くわけではありません。
個人差がありますが、20年もすれば抗体はないものと思っておきましょう。

上述しましたが、妊娠初期に風疹にかかった場合、胎児が「先天性風しん症候群」にかかってしまいます。
このため、風疹のワクチン予防接種を受けた女性は、2ヶ月間の避妊を推奨されています。
逆にいえば、自分のライフプランに合わせて計画的に子供が欲しいと思うなら、風疹ワクチンの予防接種も計画的に受けなければならないのです。

抗体検査は妊娠予定があると無料な自治体も

全ての自治体というわけではありませんが、風疹の抗体検査の助成として、妊娠を予定している女性を対象に、無料の風疹抗体検査が実施されています。
このことは、厚生労働省のホームページでも記載されており、国を挙げての事業というわけですね。
確かに、世界から「日本は風疹の感染源」と見られている不名誉な状況はなんとかしなければなりませんし、自治体任せではいられないのでしょう。
ちなみに調べてみると、私が住んでいる自治体でも無料で行われていましたし、妊娠を希望している女性だけでなく、妊婦の配偶者も対象となっていました。

麻疹(はしか)と風疹の予防接種は男性もなぜ必要

先天性風しん症候群は、妊婦が妊娠初期に風疹にかかったときに起こるものですが、女性だけが気をつけるべき問題ではありません。
「別に妊婦が予防接種してるんだし、男性は風疹にかかっても大丈夫じゃね?」などと思う人もいるかもしれませんが、予防接種で抗体ができる確率は人それぞれですし、前に検査した時は抗体があったとしても、いつその抗体がなくなるかはわからないのです。
男性も予防接種を受けることで、大切な赤ちゃんが「先天性風しん症候群」にかかる確率を減らすことができます。
男性も必ず予防接種をしましょうね。
もちろん、風しんだけでなく麻疹(はしか)の予防接種も受けておきましょう。

以上「麻疹(はしか)と風疹の予防接種は妊娠前に!男性も必要!」でお送りしました。
最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

【スポンサーリンク】

関連記事

  1. ゆずジャム 柚子ジャムの使い道と活用方法!チーズケーキやマフィン、鶏肉にも!…
  2. 生さんま 生さんまのグリルやフライパンを使った焼き方!飾り包丁やアルミシー…
  3. cropped-logo1.png インフルエンザで自然治癒により免疫を獲得する経過とは
  4. 7269f790856e0e1a0fe59d12ebf7c9e3_s 子供の夏風邪の症状で鼻水や嘔吐が出たときの対処方法
  5. ほうれん草のおひたし ほうれん草のおひたし 茹で時間と栄養の関係!冷凍食品との違いは?…
  6. 314695e3c2325c370cb63b2f2ec05854_s 風邪にはうどん?そば?子供用の生姜を使った簡単レシピ!
  7. cropped-logo1.png インフルエンザ解熱後にだるい・倦怠感が残る原因と理由
  8. akachan_geppu 新生児のゲップの出し方のコツ!父親でも簡単に出せちゃう3つの方法…
PAGE TOP