お出かけ

「お盆の海はダメ」の言い伝え 足を引っ張られるのは迷信なの?

海

「お盆に海に行ってはダメだよ。なぜなら、霊に足を引っ張られるからね。」
子供の頃、こんな言い伝えじみたお話を聞いたことがありませんか?
なんだか迷信っぽい気がしますが、気がつくと、いつの間にか自分の子供に同じ話をしていたりしてしまいます。
大人になってから考えてみると、犯人・・・というか、理由はアイツか、と思い当たるフシがありますよね。
そうクラゲ。
ということで、今回は事の真相を調べてみました。

 

【スポンサーリンク】

 

「お盆の海では霊に足を引っ張られる」という言い伝え

お盆の時期は、海に入ってはいけないって昔からよく言われています。
まぁ、海だけじゃなく、川もダメだということなのですが。
これは一体何故なのでしょうか。

理由①お盆は霊が帰ってくる日

これは海や川に限りませんが、お盆というのは祖先の霊が帰ってくる日ですよね。
祖先の霊は、きちんと迎え火をしてお墓に帰ってきて、送り火をしてお墓から帰って行きます。
お墓というのは、霊がさまよったりしないように、肉体の魂を宿らせる意味があると言います。

霊感がある人などは、お盆の海や川を見て「うじゃうじゃいるから行きたくない・・・。」とまで言う人もいるのだとか。
海や川の霊というのは、きちんとお墓に遺骨が納められず、自分のお墓に帰ってくることができないのかもしれません。

理由②海や川の霊は供養されていない

海や川ので亡くなった人の中には、遺体が見つからない人が多いそうです。
家族がお墓を建てて供養をしてくれても、肝心の遺骨が納められいないため、きちんと霊が供養されておらず、寂しがっている・・・という解釈があるそうです。
このため、お盆の時期に海や川にいる生きている人を捕まえて、あの世に一緒に連れて行ってしまうのだとか。

こういった理由が、「お盆に海に行くと、霊に足を引っ張られる」という宗教的な解釈なのかもしれません。

 

【スポンサーリンク】

 

お盆に海に入ってはダメな理由はクラゲ?

さて、上述のような宗教的な解釈はさておき、お盆時期の海水浴というのは、実際に水難事故が発生しやすい傾向があるのではないかと思います。
そういった事実に宗教的な理由をつけたのが「霊に足を引っ張られるから」というものではないでしょうか。

しかし、現代社会ではある程度科学的にこれらの理由を知りたいところです。
お盆時期の海で水難事故、といえば、思いつくのがクラゲ。
クラゲは毒を持つものが多く、刺されると溺れてしまう可能性が高そうです。
これがお盆に海に入ってはダメな理由なのではないでしょうか。

理由①毒を持つクラゲがお盆時期に増える

クラゲというのはお盆時期以降に突然発生するわけではありません。
お盆前の海水浴のハイシーズンのときから海にいます。
ただし、この時期のクラゲはまだ小さい子供のようなもので、毒のある針もまだ持ってはいませんから、当然人間を刺したりしないわけです。

ところが、お盆時期になるとこれらのクラゲが大人へと成長を遂げ、毒針を有するようになり、人間を刺すようになるわけですね。

理由②海水温の低下や潮の流れの変化

お盆時期といってもまだまだ暑く、気持ちとしては海水浴を楽しみたい気持ちになりますよね。
しかし、クラゲ以外にもお盆時期以降の海には危険な理由があるんです。
それが、海水温の低下や潮の流れの変化です。

この2つは、密接な関係を持つ理由ではありますが、水難事故に繋がる理由としては別のものです。
海水温が低下すると、足がつったり心臓麻痺を起こすリスクが増えますし、潮の流れが変わると知らずと沖に流されてしまうリスクが増えます。

釣りならいいのか?

上述のような理由は、釣りなら問題ないように思いますよね。
でも、実は釣りも安全とは言いがたいです。
お盆時期には満潮になりやすく、ただでさえ潮位が上がる上、土用波といわれる大波が発生する時期でもあるからです。
また、魚を釣りたいのにクラゲが釣れる可能性があり、釣りに適した時期とは言いがたいようです。
宗教上、お盆は殺生をしない、ということからも、お盆時期に海での釣りは控えた方が良さそうですね。

お盆の海は混雑する?

上述のような理由があるとは言え、お盆時期の海は結構混雑します。
子供が夏休みで社会人も休みが取れる貴重な時期ですからね。
リスクが高まるとはいえ、ビーチは家族連れで賑わいます。
最近の人なら宗教的な理由はあまり気にしない人が多いですし、冷夏だとクラゲの発生が遅くなるので、まだまだ海水浴を楽しめる場合があります。
水着で海に入らなくても、浜辺で砂遊びとバーベキューだけでも十分楽しいですしね。

それより、ビーチの混雑よりもそこへ行くまでの交通アクセスの混雑を気にすべきでしょう。
ただでさえお盆時期の道路は大変混雑していますが、海水浴となると、それに輪をかけて混雑する可能性があります。
ゆっくりと楽しみたいなら、朝6時頃には出発するくらいの気構えが必要かもしれませんね。

 

以上「「お盆の海はダメ」の言い伝え 足を引っ張られるのは迷信なの?」でお送りしました。
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

【スポンサーリンク】

関連記事

  1. 阿波踊り 阿波踊り2016 日程を知ってツアーを組もう!高円寺でもあるの?…
  2. -shared-img-thumb-PPS_tenimotusakuranbo_TP_V さくらんぼ狩りの時期 山梨県は5月から7月がおすすめ!
  3. 29dd1b2b11086476039f5a6f2860177d_s 梅雨入りと梅雨明けの平均時期はいつ頃?東京や関東・関西ごと!
  4. a846e6cf486ce3f32c9d21d4b08f97bf_s 隅田川花火大会の会場、どっちがおすすめ?第一会場と第二会場の違い…
  5. ライトアップされた紅葉 京都の紅葉ライトアップランキング2016とおすすめ穴場スポット
  6. okuribi-hou2 京都五山送り火2016!舟形や場所取りのおすすめスポットをご紹介…
  7. gatag-00002193 潮干狩りの持ち物は?子連れのときは子どもに考えさせよう!
  8. 7d145686a442b1cca10d523ba1f7c6ce_s 隅田川花火大会の場所取り、穴場を見つけるコツは時間!?
PAGE TOP